「洗剤を利用することでのデメリットとリスク」

パネル設備は長期間の使用を前提としています。そのためパネル表面は精密かつ非常に繊細です。そのような関係から、洗剤の使用を禁止しているパネルメーカーもございます。

強力な化学洗剤などを大量に使用するような、他社の洗浄システムでは、周囲の自然環境に悪影響を与えたり、周辺の水質を悪化させたりする事もある上で、パネル表面にもダメージを与え、パネル設備にも悪影響を及ぼします。

 

洗浄の掟①「洗剤は使用しない」

安全性を追求した弊社の洗浄システムでは、パネルの耐久性を落とさない洗浄にこだわりました。洗剤を一切使用せずにパネルの汚れを落とすため、数多くの現場でご好評いただいております。
現場で水を使わず、界面活性剤を使用していない洗浄液のみを使用し、周囲の環境とパネルにダメージを与えず、ランニングコストに大変優れています。

いま最も注目を浴びている洗浄システムです。

「ブラシ洗浄のデメリットとリスク」

メーカーにもよって違いがございますが、パネルには元々コーティングがされています。ブラシによる洗浄は、そのコーティングにダメージを与え、コーティング劣化の要因となります。

またブラシでこすり、洗浄作業を行う場合、洗剤をまきブラシで全面をこすり、大量の水で洗い流し、その後拭き取りという作業工程が必要になり、多くの人員と時間を必要とし、オーナー様の負担が大きく、近年まで太陽光パネルのメンテナンスが敬遠される原因でもありました。

 

洗浄の掟②「ブラシ・ポリッシャーは使用しません」

太陽光パネルオーナー様を悩ませていた、太陽光パネルのメンテナンス。従来の清掃方法ではコストがかかり、二の足を踏まれておりました。弊社の洗浄システムの場合、ブラシやポリッシャーなど、パネル表面やコーティングにダメージを与えず、パネルの寿命を減らしません。

これからの太陽光パネル洗浄のスタンダードとして、パネルの寿命をいたずらに減らさず、オーナー様にご安心いただける洗浄システムが求められています。

「高圧洗浄機のデメリットとリスク」

ブラシによる洗浄以上に、パネル表面へのダメージが深刻なのが高圧洗浄機です。また太陽光パネルは、必ずしも平地や低地に設置されているというわわけではないため、通常の洗浄作業以上に設置場所を選びます。

現場で洗浄のための水も多く必要となることで、給水車の配備やその分の人員も必要となり、メガクラスのパネル洗浄に適切ではありません。

洗浄の掟③「高圧洗浄機は使用しません」

弊社の洗浄システムは、洗浄液(マジックウォッシュ)を散布し汚れを浮かし、スクイージですくい取り、パネルを吹き上げるシンプルな作業工程です。現場で水を使わないため、水源がなくても給水車等の配備も必要なく、大掛かりな設備や機器の配置もありません。10人未満の少ない人員で、3日間で約2メガクラスの洗浄作業を終えることも可能です。※設置場所や作業条件で変化いたします。

「水源を必要とするデメリットとリスク」

通常、洗浄となればパネルの設置現場で大量の水を必要とします。しかしながら、水道水で洗い流すと、サビの発生や機器のトラブルを招く恐れもあります。パネル設置場所には水源や水道施設が無い場所も多くあります。そのような場所には当然給水車の配備が必要となり、その分のコストも必要となります。トラブルだけでなく水道代コストや給水車の配備や運転手コストも発生します。また、しっかりと水道水を拭き取るためには、さらなる作業人員コストが発生します。真夏の暑い時期に、拭き取らずに乾かしたとしても、カルキ等による白い跡がパネル表面に残り、電力の低下を招くなど洗浄の意味を無くします。

現場で水を必要とする洗浄は、パネルオーナー様から求められていません。コストがあまりに多く発生するからです。

洗浄の掟④「水道水と井戸水は使わない」

弊社の洗浄システムは、予め準備した洗浄液(マジックウォッシュ)を散布することで洗浄を行います。洗剤ではないため洗い流す必要がなく、拭き取るのみです。水源がない場所でのメガクラス作業としても給水車の配備は必要ありません。ワンボックスカー2台で作業することを可能にしました。現場で水を必要としない洗浄システムは、パネルにも優しく設備にも優しく、コストを大幅に削減しました。

「現場で水いらず」 これからの洗浄ビジネスにおけるスタンダードです!

代理店募集・施工依頼・資料請求

お問い合わせ内容をご選択ください。

担当者様お名前(必須)

法人・会社・個人名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)
- -

その他、ご質問内容等をご記載ください。